クルマを売却するとき、それから売買のさいもどちらも印鑑証明が必要です。

この印鑑証明について説明していきます。

印鑑証明とは、ある印鑑が実印として認められていることを証明する目的の公式な書類です。

この印鑑証明がないと、その印鑑について実印として認められているという事実が証明できません。

大きなお金が動く売買になる中古車の売買ですから、どうしても実印が必要になることになりますが、それとセットで印鑑証明という書類が出てきます。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

印鑑証明をつくるには、あらかじめ印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。

登録する印鑑は実印と呼ばれていて、世界で唯一の印鑑でなくてはなりません。

実印を持って、近所の市町村役場の案内係へ出向けば印鑑登録の手続きができます。

手続きが済むと印鑑登録カードというものを発行してもらえて、登録したはんこは実印として使えるようになったということになります。

また、自動交付機で印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はありません。

なのでどれだけ前の印鑑証明だとしても証明書としての効力は消えないのです。

しかしながら、車買取時には、印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類とされています。

ほとんどの場合有効期限を気にする必要はないのですが、自動車買取時には買い取り先の業者が有効期限を設定していますので、もしも中古車の買取予定の車があるなら、最初に準備しておくとスムーズに進みます。