一般的なビギナー向けのFX投資の教科書では、「マイナスになった時にはナンピン買いすることで、ポジション全体の買い付けコストを下げる」とアドバイスしている事もありますが実際にはそれには相当大きな危険があると思います。サクナサク

まず最初に、ナンピン買いの原理に関してとても簡単に記述します。2度と人にお金は貸さない

一例として100円で1ドルを買ったとします。メールレディ ランキング

ドル買いですので円安に進むほど利益が出るわけだが、1ドルが95円までドル安が進んでしまったとします。コディナ アロエジェル

このまま所有し続けたら、損失が戻るためには、マイナス分円安ドル高に動かなければなりません。オメガ腕時計

誰もがみんな、損失は早く戻したいと願います。コンブチャクレンズ

この状況を打破するためはじめに売買したのと同じだけのドルを売買します。マイクレ

そうすると、ポジション全体の平均のコストは1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

その結果、半分の幅で円安ドル高に進めば、赤字を回復する事ができます。

それが、ナンピン買いの原理です。

このような、ナンピンのやり方を聞くと「確かに」という考えになるが、為替は簡単には問屋を卸しません。

元々、95円より下がらないとは、誰も想像できません。

仮に、為替相場が相当の円高ドル安トレンドだったら95円ではとまらず、より一層円高ドル安が進むリスクがあります。

ひとつの例として、97.50円でナンピンをした時に1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピン買いを入れたポジションも赤字が生まれます。

こういう状況では初めに注文したドルとトータルで更なる損失が生じます。

それゆえ、ナンピンは難しいです。

ならば、為替相場があなたのストーリー展開とは逆の方向にすぐに進んだ場合どんな方法で危険性を軽減すればいいのだろうか。

そこで選べる方法は2つあります。

ひとつは観念して、ポジションを諦める事です。

もうひとつの手段としては今現在、自分か所持している買いポジションを減らす事で、もう一度マーケットが元のようになるのを黙って待機する事です。

控えめな対策だと思う投資家もいるでしょう。

だが、所有している買いポジションにマイナスが出た場合最も適切な術はこの2つ以外には考えられない。

理論上はナンピンをするという方法もありえます。

しかしナンピン買いは自分自身が損失を披っているのにポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを積み増していく考え方です。

この手法では、危険性を避けることなど、到底無謀だと思うべきです。

ナンピンを続けられればいつの日にか勝てるかもしれません。

だがしかし、それより先に資金がショートしてしまうだろう。