為替介入というのはご存知でしょうか?日本銀行が為替の介入をして新聞、雑誌記事、インターネットなどのニュースで注目した方もたくさんいると思います。

元より外国為替市場介入(為替介入)とは日本の場合、・大臣(財務大臣)為替の沈着を実現するために使う手段ということで評価されています。

わかりやすく言えば、極度の円高、円安の場合に財務大臣の指令に従って日銀が日本円を売り買いして円相場の安定性を狙う、ものです。

為替の介入はやり方が何通りかあります。

1.単独介入・・・行政・日本銀行が、東京市場の中で自主的に市場に加わって為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議したうえで各通貨当局の持ち金を出して一斉にもしくは断続的に外国為替市場介入(為替介入)を実行する。

3.委託介入・・・海外の銀行などへ向けて外国為替市場介入(為替介入)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日銀が国外の通貨当局の代わりに介入を遂行する。

こんな種類です。

どの場合の為替介入(外国為替市場介入)も一時的に、またはしばらくの間為替レートに大きい影響力を与えるはずです。

為替介入のお金はさすがプライドをかけているだけにスケールが大きいです。

円を元にみると、普通は数銭ずつ変化している円相場が一気に数円ごとの変化をするのです。

投資家の人でしたら過去に体験したことがあると考えますがここまでは順当に含み益(あるいは含み損)が増加していたポジションを保っていたのに、保持しているポジションが決済となりましたといった報告がFX業者の人間からEメールが届き・・・どれほどの儲けかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済された報告を見ると、自分の中で見込んでいた事とはまったく逆の状態となってしまい息を飲んだという例があります。

為替の介入が行われた時によく聞く話です。

このように為替介入が施行されることで為替の変動とまったく反対の動向をすることがわかります。

さらに変化する金の範囲は相当大きく変わるため用心が必要です。