以前は「看護婦」と呼ばれていた看護師ですが、2002年より完全に現在の名称へと変更されました。

その背景には、男性の看護師が増加してきたという傾向があります。

実際、今では病院などに診察に行ければ、大抵どの病院であっても数人の男性看護師の方を見かけることがあるかと思います。

また、男性看護師は性別の特徴的に女性看護師に比べると腕力がありますので、救急救命センターや精神科など患者さんに対して強制力を働かせる場面で非常に役に立つことから、高い評価も受けています。

では、男性看護師は将来的にどういった傾向をたどるのでしょうか。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

私としては、今後も男性看護師の需要は高まっていき、実際に男性看護師になる男性も増えていくと考えています。

なぜなら、看護師という職業は、現在の日本において他の職業にはない安定性を誇るからです。

今の経済状況を見ると、どんな有名な企業に勤めていても突然の倒産やリストラといった事態が発生する可能性はありますが、看護師であればリストラされてしまう可能性は非常に低いですし、万が一リストラされたとしても圧倒的に供給を需要が上回っているため、すぐに再就職先を見つけることができます。

こうしたことから、男性看護師の将来性は有望であるといえます。