破産の手続きまでの時間は訴訟行為というような法による動きは認められています。それから破産の正式手続きに進んでから実行までに長い時間がかかる際には債権人から裁判を起こされるリスクが上昇します。債権人側にとっては負債の返済もせずに破産などの司法上の対処もしないといった状態であると企業の中で完結処理を遂行することが不可能だからです。つまるところ係争が終わりどんな判断がおりようと破産についての申立者に返済する能力はありません。取立人もそういうことは納得しており提訴のような威嚇で、都合のいいように和解に持ち込んで返金させるなり債務人の肉親や親族に返金してもらうことを想定しているときも見受けられます。西暦2005年の1月1日改正の新しい破産の法において自己破産申請をしたならば差し押さえなどといった法律の手続きの場合、実効性を失うこととなりました。古い破産法の場合と違って訴訟行為をやろうとも無駄になると推測されるから、訴訟をしたがる取り立て業者はまったくなくなると思います。そういう側面でも平成17年の1月1日の改正で破産制度は過去と比べると用いやすくなったと考えます。返済督促のときですが、督促とは裁判所が負債者に対し負債の返金を行えという通知です。オーソドックスな審議をするプロセスとは異なって、一人よがりな発言だけを聞きながら行うためオーソドックスな訴訟のように日にちと費用がかかりすぎないので、業者がよく使う手段です。支払督促の要求があった場合、裁判所の知らせが配達される運びとなって、その書類が配達されてから2週間経ったとき、債権人は債務人の財産(給与も含んで)に対する差押え処理がやれるようになるのです。支払督促に対して異議の申し立てをなすことができるなら、オーソドックスな審理に変化することになります。(補足)審理は時間がかかりますから、免責までには判決内容がおりない可能性が高くなることは知っておきましょう。